2007年09月30日

レバンテ対バルセロナ

4-1でバルセロナが勝ちました。

ロナウジーニョはケガのためこの試合も欠場。
ということで、ロナウジーニョの位置にはMFのイニエスタが入ります。
ザンブロッタ、マルケスはケガのため欠場。
うれしい話と言えばプジョルがベンチ入りですが復帰しました。

試合開始、開始早々は淡々とした感じで試合が進みます。
前半12分、デコのFKからガブリエル・ミリートがヘディングシュートは放ちますがゴールならず。
若干バルサが押し気味かなって感じで進んでいきます。
前半17分、デコのCKをGK(元ミランのストラーリ)が弾きこぼれ球をシャビが頭で落としメッシがシュート、これもGKが弾きますがこぼれ球をアンリが決めてバルサ先制。
そしてアンリ、うれしいリーが初ゴール。^^
さらに前半24分、メッシの縦パスからアンリがドリブル突破でシュート、これが決まって2-0。
アンリいきなり2ゴール。
ハットトリック狙えるかも・・・・。
と思いきや、前半は2-0バルサリードで折り返します。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 11:31| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(7) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

バルセロナ対サラゴサ

4-1で勝ちました。

おぉ〜、やっとリーガでのバルサが見れる。
22日のセビージャ戦をケガのため欠場したロナウジーニョは欠場。
ロナウジーニョの位置にはMFのイニエスタ。
プジョルもケガが良くなりつつありますが、この試合は欠場。
サラゴサはアイマールにミランからレンタル中のオリベイラが先発。
アジャラはケガのため欠場。

前半開始、前半2分メッシがシュートを放ちますがゴールならず。
前半5分、メッシのドリブル突破からデコにパス、デコには合わなかったがアンリが上手く落とし、そのボールをメッシが決めてバルサ先制。
しかし、前半10分、アイマールのパスからサパテルに決められてしまい1-1の同点にされてしまう・・・・。
が、その直後の前半11分、マルケスがペナルティエリア手前で倒され、そのこぼれ球をデコが前線へパス、これをメッシが決めて2-1と逆転。
今シーズンのメッシは調子がいいらしいみたいですが、本当にキレキレ。^^
このままいい調子で行くかと思いきや前半20分、ザンブロッタが負傷ため交代、オレゲールが入ります。
前半22分、デコとメッシのワンツーからイニエスタが決めて3-1。
サラゴサのDF陣はバルサの波状攻撃を押さえるのに必死・・・。
前半46分、デコのFKがゴールポストに当たりそのこぼれ球をマルケスが決めて4-1。
前半は4-1、バルサリードで折り返します。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 07:03| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(6) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

対パルマ戦(ホーム)

1-1の引き分けでした。

この試合CBがカラーゼに替ってにボネイラ、MFガットゥーゾに替ってブロッキがスタメン。
それ以外はCLベンフィカ戦と同じメンバー。
1TOPはピッポ、ジラはベンチスタート。

前半開始、前半7分ピッポのオーバーヘッドが炸裂しますがゴールならず。
前半12分頃ピルロがFK直接ゴールを狙いますがノーゴール。
前半15分カカーの低いクロスからピッポにシュートチャンスがありましたが、オフサイドを取られてしまう。
ただ、主審に抗議するのはちょっと・・・、一歩間違えればイエローもらっちゃうし・・・・。
前半20分頃パルマに得点のチャンスがありましたが必死の守備でどうにかしのぐ。
前半27分、ヤンクロフスキーのパスからピッポ、その直後にはCKからネスタとゴールチャンスがありましたがゴール決まらず・・・。
前半35分のアンブロジーニのシュートも決まらない・・・・。
前半43分、CKからカカーがクロス、ピッポがシュートを放ちますがGKに阻まれる、そのこぼれ球をセードルフが決めて、ミラン先制。
そのあとは動かず前半は1-0で折り返します。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 10:39| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(2) | ACミラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

モウリーニョ、チェルシー退団へ・・・・

急すぎてビックリしました。
チェルシー監督、ジョゼ・モウリーニョの退団が決定しました
契約は2010年まで残っての退団、一部ではオーナーのアブラモビッチとの確執があったと言われていますが、就任した2004-2005シーズンにプレミア優勝、翌年は連覇を達成、FAカップ、カーリングカップを2度獲得した名将。
ピッチ外ではライカールト、ベニテス、ファーガソン、ベンゲルと舌戦を繰り広げていたのは有名でしたね。
今は亡きスポーツ雑誌「Yeah!」ではライカールトとモウリーニョの比較をやっていました・・・・。
(確か05-06シーズンのと帰化な・・・、クライフにも噛み付いていましたし・・・)

しかし、お金に糸目をつけず有名選手をほしがるアブラモビッチオーナー、昨シーズンそのオーナーの意向でバラック、シェバを獲得した時にもしかして関係に亀裂が生じたのかも・・・・。
まあ実績は残しているので、いずれどこかのチームから声がかかるのは間違いないですね。
ただ今後、オーナーが金は出すが口も出すみたいなチームは行きたくないんだろうな。

ちなみにチェルシーの監督候補はセビージャのフアンデ・ラモス監督、リッピ、カペッロだそうです。
posted by tomoko0310 at 14:06| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(5) | プレミア・リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧州CL 9月19日の結果

グループE
レンジャーズ対シュツットガルト、2-1でレンジャーズが勝ちました。
得点:レンジャーズ/アダム(後半27分)、ダルシェビユ(後半30分、PK)・シュツットガルト/ゴメス(後半11分)
バルセロナ対リヨン、3-0でバルセロナが勝ちました。
得点:クレルク(前半21分、オウンゴール)、メッシ(後半37分)、アンリ(後半46分)
スコットランドのチームは内弁慶なんでしょうか・・・?
レンジャーズ、ホームでしっかり勝ちました。
バルサは完勝。

グループF
ローマ対ディナモ・キエフ、2-0でローマが勝ちました。
得点:ペロッタ(前半9分)、トッティ(後半25分)
スポルディング・リスボン対マンチェスター・ユナイテッド、0-1でマンチェスター・ユナイテッドが勝ちました。
得点:クリスチアーノ・ロナウド(後半17分)
ローマ、マンU順当に勝ち、クリロナは古巣相手にゴールを決めています。
この2チームは次節直接対決(マンUホーム)となります。

続きを読む
ラベル:サッカー 欧州CL
posted by tomoko0310 at 07:36| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(5) | 欧州CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧州CL バルセロナ対リヨン

3-0でバルサが勝ちました。

リーガは諸事情のためぜんぜん見れてないので、動くバルサを見るのは今シーズンはじめて。
(プレシーズンマッチの横浜Fマリノス戦以来かな・・・・)
エトーはケガ(まだ2ヶ月かかるそう)のため、3TOPはメッシ、ロナウジーニョ、アンリ。
中盤の底にはマリノス戦にも出場したトゥーレ・ヤヤ。

試合開始、いきなりリヨンがコーナーキックを獲得しますが得点チャンスにはならず・・・。
バルサも前半7分、メッシのコーナーキックからトゥーレ・ヤヤがシュートしますがこちらもゴールならず・・・・。
リヨンはロナウジーニョとメッシには2人掛りのマークをつけてチャンスを上手く潰していますが,中盤はバルサが優勢。
前半20分、ロナウジーニョのCKからメッシ、一旦ロナウジーニョに返してメッシに折り返す。
メッシのシュートがDFクレルクの足当たりそのままゴールへ・・・。
公式発表はクレルクのオウンゴールでバルサが先制。

リヨンも後半30分位から徐々に攻め込みますが、チャンスをなかなか活かせない・・・・。
前半36分、飛び道具と言われるジュニーニョのFKもゴール上に外してしまう。
バルサも前半38分にメッシのシュートがありましたが、オウンゴールで得点を献上したクレルクがクリアする。
前半は1-0バルサリードで折り返す。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 06:14| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(8) | 欧州CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

欧州CL 9月18日の結果

グループA
マルセイユ対ベシクタシュ、2-0でマルセイユが勝ちました。
得点:ロドリゲス(後半31分)、シセ(後半46分)
ポルト対リバプール、1-1の引き分け。
得点:ポルト/ルチョ・ゴンザレス(前半8分、PK)・リバプール/カイト(前半17分)
リバプール引き分けですか・・・・。
ポルトガルのチームはホームでイングランド・プレミア勢を迎えると負けないというジンクスは健在だったみたいですね。

グループB
チェルシー対ローゼンボリ、1-1の引き分け。
得点:チェルシー/シェフチェンコ(後半8分)・ローゼンボリ/コッピネン(前半24分)
シャルケ対バレンシア、0-1でバレンシアが勝ちました。
得点:ビジャ(後半18分)
チェルシー、ホームで格下相手に引き分け・・・・、これが今日の一番の波乱かも・・・・。
ケガ人続出とは聞いていますが、これはちょっとひどいな。

続きを読む
ラベル:サッカー 欧州CL
posted by tomoko0310 at 06:56| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(8) | 欧州CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧州CL 対ベンフィカ戦(ホーム)

2-1で勝ちました。

この試合、土曜日のセリエ対シエナ戦(アウェー)で温存していたカカー、ピルロ、オッドが先発。
FWは1TOPでピッポ、初戦はベストメンバーで挑むみたいですね。
相手のベンフィカ、注目はやっぱりかつてミランに所属していたルイ・コスタかな。(^^;
2年ぶりにサン・シーロに戻ってきてどういうパフォーマンスを魅せるのか気になります。

試合開始、前半8分最初のシュートはアンブロジーニ、ただこれはゴールならず。
その直後の前半9分ヤンクロフスキーが倒されFKを獲得。
キッカーはピルロ、これを直接決めて1-0、ミラン先制。

静かに立ち上がった両チームですが、先制点をきっかけにミランの選手の動きが良くなり始める。
前半15分アンブロジーニ、前半21分ピッポと惜しいシュートとがありましたが決まりません・・・・。
攻め込まれっぱなしのベンフィカですが、前半22分カルドーソのヘディングシュートがゴールポストにあたりあわや失点って場面が・・・。あせあせ(飛び散る汗)
前半24分、カカーがドリブルで持ち込みピルロへパス、ピルロのクロスからピッポがボレーで決めて2-0、ミラン突き放しに成功。
この後も前半36分カカー、前半45分ピッポのヘディングとシュートチャンスがありましたが、前半は2-0ミランリードで折り返す。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 06:07| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(4) | ACミラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

ミランもバルサもTV放送なし、だからさらりと・・・・

来客もあったので週末はサッカー漬け状態にはならなかったですね。
昨日はさすがにバタンキューでしたし・・・・。眠い(睡眠)
だから軽めに振り返ります。(;^_^A

シエナ対ミランは1-1の引き分け。
CL前ということもありターンオーバーを引いてきましたね。
カカー、ピルロ、オッドはベンチ外、ピッポ、ヤンクロフスキー、アンブロジーニはベンチスタート。
前半24分にマッカローネに先制されてしまうが、後半46分にネスタのゴールに追いつき1-1。
アンチェロッティ曰く失点はジダと副審のミスだといっていますが・・・・。
まあ勝ち点1という最低ノルマは果たしましたが、気になる順位は現在5位・・・・。(;´Д`)
1はローマ、2位インテル、3位ナポリ(古豪復活?ちょいモテ親父のあの方が喜びそう)、4位ユーベだそうで・・・。
次のパルマ戦(22日)は見れそうなので頑張ってほしい、勝ち点3ほしいな・・・。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 13:21| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(3) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

北京五輪アジア最終予選 対カタール戦

1-0で勝ちました。

この試合、前の試合に続きU-20組の森島、柏木、内田がスタメンに入り。
柏木の1TOPで水野と家長がややFW気味の位置。
フォーメーションは4−5−1、やっぱ言ってしまいたくなるクリスマスフォーメーション。(笑)

試合開始、開始早々水野が目の覚めるシュートを放ちますが、ゴール左へ外れる。
前半5分、水野のFKから梶山がヘディングで決めて日本先制。
ただ、ここから1点取った安心感からなんとなくだるい展開に・・・。
カタールに攻め込まれる場面もちらほらと出てしまう・・。
前半30分位から徐々に息を吹き返し始め前半31分に家長のヘディングシュート、前半34分に森島のヘディングシュート、前半35分に水野のFK等残念ながらゴールならず。
特に森島は前半終了間際に惜しいシュートを連発。
結局試合は動かず前半は1−0日本リードで折り返す。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 21:26| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(18) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親善試合(三大陸トーナメント) 対スイス戦

4-3で勝ちました。
三大陸トーナメント優勝です。

この試合俊輔、稲本、松井の欧州組が揃って先発出場。
オールとリア戦ケガで途中交代した駒野は間に合いDFはオーストリア戦と変わらず、FWは巻の1TOP。
今日の対戦相手スイスはドイツワールドカップベスト16まで行ったチーム。
どうなることやら・・・・。

試合開始、最初は探り合い状態でしたが、前半10分スイス、マニンの直接FKが決まって0−1、日本先制される。
しかも悪いことは続くもので前半12分ペナルティエリア内で闘莉王がハンドをとられてしまいPKを与えてしまう・・・・。
これをヌクフォーが決めて0−2、突き放されます・・・。
日本も攻めますがスイスの組織的な守備の前にゴールどころか攻め込むことも容易じゃない状態。
前半30分、松井ドリブル突破で決定的なシュートを放ちますがゴールならず・・・。
前半39分、セットプレーのチャンスがありましたが活かしきれず、前半は0−2スイスリードで折り返します。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 05:30| 東京 ☔| Comment(9) | TrackBack(25) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

ユーロ2008予選 イタリア対フランス戦

0-0の引き分けでした。

会場はミラノのスタジオ・ジュゼッペ・メアッツァ。
トニが負傷のためこの試合は欠場。(次のウクライナ戦もアウトでイアクインタを緊急招集)
イタリアのフォーメーションは4−5−1、1TOPはピッポ。
ケガで欠場のマテラッツィの代役はバルザリ。
この試合、フランスのドメネク監督がイタリアに対する不用意な発言でベンチ入り禁止。
スタンドで観戦となります。

試合開始、序盤から中盤の潰し合いが・・・。
前半7分、マケレレにイエローカードが出てしまう。
試合が進んでもなかなかゴールチャンスが生まれない。
イタリアはフランスの攻撃をしっかり抑え(そのためピッポが前線に孤立)、フランスはいたりあの守備戦術にものの見事にはまってしまう。
後半35分過ぎからイタリアが積極的に攻めてきますが、得点チャンスにはならず、前半は0-0で折り返す。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 22:27| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(4) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

北京五輪アジア最終予選 対サウジアラビア戦

0-0の引き分けでした。

フォーメーションは3−6−1の若干ミランのクリスマスフォーメーションに似た感じ・・・・。
1TOPは森島(ピチピチ、カナダU-20ワールドカップのメンバー)、家長と水野が攻撃的にいくという形。
まあ、アウェーってことで勝ち点1くらいはほしいところですかな・・・。

試合開始、現地の気温35度、湿度70%(今年のお盆時の昼間と変わらん)と厳しいコンディションの中で戦う。
前半2分サウジがシュートを放ちますがゴールならず。
前の試合カタールに敗れているサウジは、ホームという地の利を生かして勝ち点3はどうしてもほしいという気持ちが前面に出ているような気が・・・・。
日本にもチャンスはありましたがなかなか活かしきれない。
攻撃らしいチャンスが出てきたのは前半25分過ぎくらいからかな・・・。
印象的だったのは前半28分、家長のクロスから水野がヘディングシュートを放ちますが相手GKのファインセーブでゴールならず・・・。
1TOPの森島も前半31分に惜しい場面がありましたね。
前半終了間際サウジの猛攻に耐えて前半終了、0-0で折り返します。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 11:13| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(15) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

親善試合(3大陸トーナメント) 対オーストリア戦

0-0の引き分け、PK戦3−4で日本負けました。

今回の召集で注目されていた松井はベンチスタート、欧州組の先発は俊輔と稲本(鈴木啓太とダブルボランチ)、先発の2TOPは田中達也と矢野。
この試合の主審はマルクス・メルク氏(CLの主審経験もあるドイツの名物審判)

開始早々、ホームということありオーストリアが攻め込みますが、時間が進むにつれ日本ペースに・・・。
前半20分頃、矢野がペナルティエリア前で倒されセットプレーのチャンス。
俊輔か遠藤か?ここは遠藤がFKを蹴り相手GKが手で弾きますが、そのこぼれ球を田中達也がシュートしますがゴールポスト直撃でゴールならず・・・・。
このあとも日本ペースで試合が進みますが、オーストリアの組織的な守備の前でゴールできず、前半は0-0のスコアレスで折り返す。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 10:02| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(22) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

対フィオレンティーナ戦(ホーム)

1−1の引き分けでした。

先発メンバーは中盤以下は変わらずFWはジラの1TOP、ピッポはベンチスタート。
しかし審判がファリーナかいっ!(ヤツのやらかしたことは昨シーズンのインテルホームのミラノダービー、CLのバルサ対チェルシー戦、警官が亡くなる大スキャンダルまでに発展したカターニャ対パレルモ戦)
試合荒れないでくれ〜。(祈り)

前半開始、序盤は大きく動くような展開はありませんね。
前半14分にジラの初ゴールかってチャンスがありましたが相手GKフレイのファインセーブでゴールならず。
(ジラの枠内シュートを必死でかき出す)
このプレーはフレイを褒めるべきかな・・・、あのプレーがなければ点が入っていたし・・・・。
あのフィオはピルロに対するマークが弱く結構ボールが回っているような気が・・・。
ただ、主審がファリーナということもあり、笛を吹くシーンが多いかな。
(ただ昨シーズンのCLみたいな酷さはないが・・・・)
前半25分アンブロジーニがペナルティエリア内で倒されPKを獲得。
これをカカーがきっちり決めて1−0、ミラン先制。

前半39分、あわや失点かって思いきやオフサイドで難を逃れる。
前半は1−0ミランリードで折り返す。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 07:38| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(3) | ACミラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

UEFAスーパーカップ 対セビージャ戦

3−1でミランの勝ち、今シーズン最初のタイトルを手に入れました。

まずお詫びを・・・・。
前記事でこの試合をuefa.comで無料生中継って書いてしまいましたが、ビデオ会員じゃないと見れないことがわかりました。
もし、試された方がいましたら大変失礼いたしました。
こういったことは今後ないようにします。
よって今回は時系列+記事で追わせていただきます。

セビージャはプエルタが亡くなってから最初の公式戦。
この試合は彼の追悼試合となりました。
ミランは中盤から下の先発メンバーはセリエのジェノア戦と変わらず、クリスマスツリー型のフォーメーションでピッポの1TOPでいどみます。

試合開始、前半6分という早い時間にガットゥーゾにイエローカードが・・・・。
まあ、ポジション柄イエローが多いとはいえこの時間帯じゃキツイ・・・。
さらに追い討ちをかけるように前半13分オッドのクリアミスからレナトに決められ、セビージャに先制される。
しかも、前半25分にも失点の危機がありましたがネスタのクリアで失点を防ぐ。
ミランも前半30分位からゴールチャンスが増えてきますが、得点ならず前半は0−1セビージャリードで折り返す。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 14:08| 東京 ☀| Comment(11) | TrackBack(4) | ACミラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。