2008年04月30日

欧州CL マンチェスター・ユナイテッド対バルセロナ

1−0でマンチェスター・ユナイテッドが勝ちました。
トータルスコア1−0でマンチェスター・ユナイテッドが決勝進出となりました。

この試合ルーニーがコンディション不良のため欠場。
ビディッチも欠場だそうで・・・・。
(さすがに26日のプレミアの対チェルシー戦で疲れたか・・・・)
優勝候補筆頭とはいえお疲れ状態は続くみたいで・・・・。
一方のバルサは完璧にリーグ戦を捨てて(メッシをこの試合に向けて温存)、ビッグイヤー取りに照準を合わせてきました。
さあ、どうなることやら・・・・・。

試合開始、バルセロナペースで試合が進みます。
前半1分メッシがスコールズに倒されFKを獲得、これをメッシが蹴りますが壁に当ってゴールならず。
ホームのマンUはコンディションは良くないながらも必死で守りながらしのぐ。
前半14分、ザンブロッタのクリアミスからスコールズがミドルシュートを決めてマンU先制。
このゴールをきっかけに試合の主導権はマンUに・・・・。
そんな中、前半20分メッシがドリブル突破を図ってシュートを放ちますがファン・デル・サールにセーブされゴールならず・・・・。
前半30分過ぎからバルサがペースを取り戻し始める。
前半34分、37分とデコがミドルシュートを放ちますがゴール外に外れてしまう・・・。
この後、得点はなく1−0、マンUリードで折り返します。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 06:10| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(8) | 欧州CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

ピッポ、トリプレッタのダイジェスト映像(オマケ映像あり)



映像は良くないですがご堪能ください。m(_ _)m


下はオマケ映像、ユーベ時代とのインタビュー回答の比較かな?

posted by tomoko0310 at 22:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ACミラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

中継がなかったリボルノ戦で起きたことと、26日サッカー観戦をせず私が出没した場所

スカパー!中継のなかったリボルノ対ミランは1−4でミランが勝ちました。
これだけ勝ったのになんで中継がないんだとブツブツ言いたいですが得点者を見て私の怒りが・・・・。
得点者
フィリッポ・インザーギ(前半22分、後半7分、後半15分)
クラレンス・セードルフ(後半26分)


えぇ〜ピッポ、ハットトリックじゃん!

中継なしだなんてむご過ぎる〜!!
あぁ〜もうヤダ〜見たかったよ〜、34歳魂のハットトリック。(T_T)
試合は見ていないのでこれ以上のことは言えませんが、どうやらオッド、ヤンクロフスキーが途中出場ながら復帰を果たし、これで5月4日のインテル戦は万全。^^
(ただ、前半39分にピルロがイエローをもらったので累積で出場停止ってことにはならなければいいが・・・・・)

朗報はCL出場権争いをしているライバルのフィオレンティーナがホームでサンプドリアと2−2の引き分け。
順位は5位と変わりませんがフィオとの勝ち点差は2(でも下のサンプとの勝ち点差も2、油断できない・・・・あせあせ(飛び散る汗))と縮まりました。
2試合連続大勝での勝利、次のミラノダービー(ホーム)は大勝とは行かないですがかなり熱くなりそう・・・。^^

続きはまったくサッカーから離れた話です。
興味ない方はスルーしてもかまいません

続きを読む
posted by tomoko0310 at 06:41| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(5) | ACミラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

欧州CL バルセロナ対マンチェスター・ユナイテッド

0−0の引き分けでした。

バルサの精神的支柱でキャプテン、プジョルがこの試合累積のため出場停止。
プジョルの代役はマルケスが勤めます。
さらにチームも下降線で週末のバルセロナダービーでも引き分け・・・。
うれしいことと言えばメッシとデコが復帰。
(メッシはリーガのレクレアティーボ戦で復帰しましたが、CLではケガ後初試合)
常に先発出場していたボージャンがベンチスタート、イニエスタがFWとして先発出場します。
(アンリはベンチスタートです)

試合開始、前半2分ガブリエル・ミリートがペナルティエリア内で倒されPKを取られてしまう・・・・。
キッカーはクリスティアーノ・ロナウド、がしかしこれはゴールポストに当ってゴールならず、バルサ助かったって感じで・・・・。
この後は完全にバルサペース、ボール回しがうまくっていて調子のいい時のバルサが戻っています。
ただマンUもゲームを支配されながらも必死で守ってゴールを許さず、ゴールをうかがう・・・・。
ボールが回っているが得点がなかなか入らないバルサ、前半25分にイニエスタがペナルティエリア外からシュートと点を取る姿勢はうかがえますが・・・・。
前半38分過ぎからマンUが押し返しますが、試合は動かず前半は0−0で折り返します。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 05:54| 東京 ☀| Comment(14) | TrackBack(12) | 欧州CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

欧州CL リバプール対チェルシー

1−1の引き分けでした。

もう、ある意味近年のCL準決勝の風物詩になってしまいそうなこのカード。(苦笑)
唯一違うのが今回の1st legの会場がアンフィールドということだけ・・・・。
リバプールはフェルナンド・トーレスの1TOPにその真下にジェラードというフォーメーション、チェルシーはドログバ、バラック等のケガ人、母親の病気(あまりよくないらしい)で試合を休んでいたランパードが戻ってきました。

試合開始、開始早々はチェルシーペース。
前半3分、ドログバのFKは壁に当たりノーゴール・・・・。
そんな中リバプール前半8分ジェラードがペナルティエリア外でシュートを放ちますがツェフに止められる。
この後は徐々にリバプールが押してきますが若干試合は中だるみ状態に・・・・。
前半31分、フェルナンド・トーレスが決定的なシュートを放ちますが、これもツェフに阻まれゴールならず・・・。
この決定的なプレーが効いたのか、リバプールの動きが良くなり始めてきました。
前半終了間際の前半43分、ちょっと混戦模様となった中、キャラガーの縦パスからカイトが決めてリバプールが先制。
前半はこのまま1−0、リバプールリードで折り返します。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 06:22| 東京 ☀| Comment(13) | TrackBack(11) | 欧州CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

対レッジーナ戦(ホーム)

5−1で勝ちました。

DFの人材が薄い今のミラン、マルディーニが左太もものケガで今期復帰が危うい状態・・・。(T_T)
この試合ピッポが1TOPのクリスマスツリーフォーメーション。
うれしい話題といえばケガで離脱していたオッド(この試合、右SBの先発はカフー)とパトがベンチ入りながら復帰しました。^^
しかし、この試合の主審は問題の多いファリーナ、ちょっと心配だ・・・・。あせあせ(飛び散る汗)

試合開始、前半2分ブロッキ(アンブロジーニが累積のため出場停止)がシュートを放ちますが大きく外してしまう・・・・。
前半7分、カカーがペナルティエリア内に倒されPK獲得、これをカカーが決めてミラン先制。
この直後の前半10分、レッジーナのCK,からあわや失点かと思いきやカラチがしっかり守って失点を防ぐ・・・・。
この試合のミランは動きが良くゴールの匂いがプンプンします。
ただ、引き気味のレッジーナの守備のおかけが、なかなかゴールが決まらず・・・・。
そのレッジーナも、前半20分過ぎから徐々にミランゴールを脅かし始める。
前半33分、セードルフがペナルティエリア内で倒されPK獲得、これをカカーが決めて2−0と突き放します。
ところが前半40分、バレートのミドルシュートが決まって2−1と点差が縮まってしまう・・・・。
結局、前半はこのまま2−1で折り返します。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 07:03| 東京 ☁| Comment(9) | TrackBack(3) | ACミラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

バルセロナ対エスパニョール バルセロナダービー

0−0のスコアレスドローでした。

23日にチャンピオンズリーグのマンU戦が控えているためメッシ、イニエスタがベンチスタート。
朗報と言えばケガで離脱していたデコがベンチスタートながら復帰。
イニエスタの位置にはグジョンセン、3TOPはドス・サントス、エトー、ボージャン。
ボージャンも前節のレクレアティーボ戦はケガで出れませんでしたが無事復帰しました。

前半開始、前半7分エトーがシュートを放ちますがゴール上に外してしまう・・・。
直後の前半9分シャビのFKは直接ゴールを狙った感じでしたがゴールポストのちょっと上に外れてしまう・・・・。
ただ、相変わらず調子のいいバルサとは程遠く、リズム感がかなく若干退屈な感じ・・・・。
前半24分、グジョンセンのシュートは相手GKにキャッチされゴールならず。
直後の前半25分、ザンブロッタがミドルシュートを放ちますがこちらも決まらず・・・・。
前半27分、シャビのヘディングシュートも決まらず・・・。
このあともいくつかシュートチャンスがありましたが、なかなか決まらず、前半は0−0で折り返します。
そういえば、前半途中からメッシがウォーミングアップをしている映像が映しだされていたので、後半は・・・・。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 12:50| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(5) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

中田英の主催の試合、6月7日に開催決定

以前から噂になっていましたが、本決まりになりましたね。
中田英が主催する『TAKE ACTION 2008』キャンペーンの一環で目玉企画となる『プラス・ワン・フットボール・マッチ』を6月7日(土)日産スタジアムで開催されることが決定しました。

内容は釜本氏率いる「ジャンパンスターズ」(中田英はこのチームで参加)とモウリーニョ氏率いる「ワールドスターズ」との親善試合。
個人的に気になるのはワールドスターズの選手たち、5月24日にキリンカップでコートジボワール代表(豊田)が試合をするのでもしかしてドログバ参戦って淡い期待を抱いたり・・・・、ユーロ2008参加選手は無理としてもマルディーニやネスタ、トッティも来るのか・・・・。わーい(嬉しい顔)
(選手選考によってはピッポやデル・ピエロって可能性も・・・・・)
今回のユーロ出場できなかったイングランドの選手は何人来るのか(ランパード、テリー、ファーディナンドあたりは来そうな気が・・・・)、南米選手、特にカカー、メッシは見たいし・・・・。
なんか考えているだけでもお腹いっぱい。^^

見に来たいな・・・・。
B‘zのアリーナツアーのチケットがダメだった(只今さいたまスーパーアリーナの2次プレオーダー結果待ち)ら気持ちは一気に傾くかも・・・・。
posted by tomoko0310 at 12:30| 東京 ☀| Comment(11) | TrackBack(1) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

対ユベントス戦(アウェー)

3−2で敗れました・・・・・。orz

この試合ネスタ、カラーゼ両CBが出場停止と緊急事態・・・・。(大汗)
しかも、オッド、ヤンクロフスキーと両SBもケガで欠場とDF陣が総倒れ状態・・・・。
とはいえユーベもネドベドが欠場、本人は出たがっていたみたいですが・・・・・。
ミランは毎度お得意のクリスマスツリーフォーメーションで1TOPはピッポ。
問題のDFラインはCBにマルディーニとシミッチ、右SBはボネーラ、左SBはファバッリ。
アウェーとはいえ勝ってほしいですね、噂ではロナウジーニョがミラン行きに基本合意をしたみたいですし・・・・。

試合開始、序盤は主導権の取り合いって感じで両チームとも譲らない展開。
試合が動いたのは前半12分、カモラネージのスルーパスからデル・ピエロが決めてユーベが先制。
ところがその直後の前半14分、カカーの低いクロスからピッポが決めて1−1の同点。
同点ゴールは決めたものの試合ペースは徐々にユーベに・・・・。
前半31分、アンブロジーニの縦パスからボネーラが横に出しこれをピッポが決めて2−1と逆転に成功。
ピッポ、2試合連続ドッピエッタ。(^O^)
これで試合はミランペースに・・・・、前半38分カカーの強烈なミドルシュートをブッフォンが弾きますが、そのこぼれ球をピッポが狙いましたがブッフォンがしっかりキャッチ。
さすがアズーリの正ゴールキーパー。
試合はこのまま終わると思いきや、前半45分、トレゼゲのヘディングシュートをカラチが弾き、そのこぼれ球をサリハミジッチが決めて2−2の同点。
前半は2−2で折り返します。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 12:10| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(2) | ACミラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

欧州CL バルセロナ対シャルケ

1−0でバルサが勝ちました。
トータルスコア2−0でバルサがベスト4進出となりました。

6日のリーガ対ヘタフェ戦(ホーム)でふがいないスコアレスドロー。
(すみません試合は見ていません、土曜日ガラになく銀座(所要あり)へ出かけたのと、B'zのアリーナチケット争奪戦の惨敗ショック、両方の疲れがドンとでたので・・・・)
しかも、カンプノウでラポルタ会長に向けて白いハンカチが振られてしまったそうで・・・・・。
ケガ人続出で選手事情が苦しいバルサ、選手もほとんど変わってなく逆に選手たちの疲労が心配・・・・。
逆にシャルケはブンデスで5連勝中と調子がいいそうです。

試合開始、前半2分コビアシビリがシュートを放ちますが、ビクトール・バルデスがセーブ。
バルサも負けじと、その直後の前半3分イニエスタがミドルシュートを放ちますがゴール上に外れてしまう・・・・。
が、この試合のバルサ動きが非常によろしくない・・・・・。
あまりにもあっさりシャルケにボールを渡してしまう始末だし、何よりも選手の表情が良くない。
この調子だといつ失点してもおかしくないし状態、調子の悪い状態を引きずっている感じで・・・・。
ただ、前半30分過ぎからシャルケのペースが落ち始める。
前半32分シャルケ、コビアシビリに替ってグロスミューラーが入る。
このあたりからバルサもボールに触り始め徐々にシャルケ陣内に攻め込む場面も・・・・。
前半42分、ボージャンのクロスをシャルケDF陣がクリア、そのこぼれ球をトゥーレ・ヤヤが決めてバルサ先制。
前半は1−0、バルサリードで折り返します。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 06:09| 東京 ☁| Comment(13) | TrackBack(11) | 欧州CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

欧州CL リバプール対アーセナル

4−2でリバプールが勝ちました。
トータルスコア5−3でリバプールがベスト進出となりました。

同一カード3連戦の最終試合、2試合目のプレミアは先週のエミレーツ同様1−1の引き分け。
しかも、アーセナルは先週のCLの先発メンバーを5人、リバプールは8人温存だそうで・・・・。あせあせ(飛び散る汗)
両チームともベスト4へ勝ちぬけに向けてガチモード。
ただ前2試合がロンドン・エミレーツに対して、今回はアンフィールド。
どうなることやら・・・・。

試合開始、開始早々アウェーのアーセナルペース。
前半1分と8分アデバヨールがオフサイドを取られますが、前半13分同じくアデバヨールがシュートを放ちますが、これはリバプールGKレイナがセーブしてゴールならず。
前半13分、ゴール前の混戦からディアビーが決めてアーセナル先制。
先制点後、試合の流れは完全にアーセナルペース、リバプールはホームなのになかなか波に乗れません・・・・。
しかも、ゴールは決めていませんがアデバヨールが良く動いてます。
ただリバプール的に救いなのはセスクの調子がイマイチって感じで・・・・。
前半17分エブエがシュートを放ちますが、これもレイナがセーブ。
前半20分過ぎからリバプールもペースをつかみ始める。
前半24分ファビオ・アウレリオがシュートを放ちますがゴール上に外してしまう。
前半30分、ジェラードのCKからヒューピアがヘディングで決めて1−1の同点。
ここから試合はリバプールペースに・・・・。
ところが前半37分ごろアーセナルにアクシデントが・・・。
フラミニが左足首を痛めてしまい、後半42分ジウベルトと交代。
このまま試合は動かず前半は1−1の同点で折り返します。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 06:37| 東京 ☁| Comment(12) | TrackBack(12) | 欧州CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

対カリアリ戦(ホーム)

3−1で勝ちました。

ただでさえケガ人が多いミラン、オッドが左ひざの内半月板の手術のため3週間の離脱。
ヤンクロフスキーもケガで離脱中なのに、レギュラークラスの両SBがいない非常事態・・・・。あせあせ(飛び散る汗)
右SBはボネーラ、左SBはファバッリが入ります。
しかもネスタが前節のアタランタ戦のレッドカードで出場停止(しかも2試合、ユーベ戦が怖い・・・・)、CBコンビはマルディーニとカラーゼ。
パトもケガのため、この試合は欠場・・・・。
朗報はカカーが3試合ぶりピッポが1ヵ月半ぶりの復帰。
先発メンバーに入ります。^^
(フォーメーションはピッポ1TOPのクリスマスツリーフォーメーション)

試合開始、いきなりガットゥーゾがシュートを放ちますがゴールマウス上に外れてしまう・・・・。
とは、いえこの試合ミラン選手の動きがものすごくいい。^^
ここ数試合だらだらした試合を見させらていたのでものすごく新鮮。
前半8分、カカーがドリブルで持ち込みペナルティエリア手前でシュート、これが決まってミラン先制。
復帰していきなり得点、カカーすごい。(^O^)
この後もミランが果敢にカリアリ陣内へ攻め込みます。
前半31分、ピルロのCKからピッポがヘディングで決めて2−0、ミランリードを広げます。
こちらも復帰したばかりのピッポが決めました、すごいですね〜。(^O^)
前半32分、ガットゥーゾが相手選手と接触してあわや負傷かと思いきや無事戻ってきます。
前半37分、前半40分カカーがシュートを放ちますがゴールならず・・・・。
前半終了間際カリアリに攻め込まれる場面がありましたが、前半は2−0ミランリードで折り返します。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 11:40| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(2) | ACミラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

欧州CL フェネルバフチェ対チェルシー

2-1でフェネルバフチェが勝ちました。

フェネルバフチェ、ロベカルがケガのためこの試合は欠場。
しかし、相変わらずトルコのホームはサポーターが熱いですね。
チェルシーはマケレレ(本当にがんばっていますね、かなりの歳なんですが・・・)が中盤の底に入りエッシェンが右SB。
しかしイングランドの強豪チームにトルコチームのホーム力+ジーコ力が通用するか見ものかも・・・・。^^;

試合開始、立ち上がりは若干ホームのフェネルバフチェペースですが決定的なチャンスが少ない・・・・。
前半13分、デイビットのオウンゴールでチェルシー先制。
相手の自爆でちょっと緊張がとけたのか、この後はチェルシーが攻め立て始めます。
前半18分、エッシェンのシュートはバーに当ってノーゴール。
その後も前半23分にドログバのヘディング、前半27分にランパードとシュートを仕掛けますが2本とも外してしまう。
後半30分にはまたドログバが右足で強烈なシュートを放ちますが相手GKデミレルが防ぐ。
(ドログバは前半34分にもシュートを放ちますが、これもゴール決まらず・・・・)
結局試合は動かず、前半は0−1チェルシーリードで折り返します。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 21:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(4) | 欧州CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧州CL アーセナル対リバプール

1−1の引き分けでした。

ベスト8以降は同国リーグ同士の対戦が可能なので4チーム全部残ったイングランド・プレミアリーグチーム同士の潰しあいとなったカード。
しかも、5日に同じロンドン・エミレーツ・スタジアムでのプレミアの試合、そして9日もアンフィールドでのCLの裏返しカードと3試合連続で戦うまるで野球みたいなスケジュール・・・・。(笑)
(まあ、日程は空いていますが・・・・)
プレミアでの優勝争い真っ只中のアーセナルとちょっと離脱気味のリバプール。
ただ、ベニテスは欧州カップ戦に強いらかなあ〜。

試合開始、ロンドンは小雨が降っている状態でピッチが若干スリッピー気味。
やっぱり同国同士、手の内は知っているので極めて慎重な立ち上がり。
またこのままスコアレスドローなんて戦い(昨シーズンのベスト4チェルシー対リバプールは0−0のままPKでリバプールの勝ち)なんてなりそうな気が・・・・。(汗)
前半21分、22分とファン・ペルシーが立て続けにシュートを放ちますがゴールならず・・・。
前半23分、セスクのCKからアデバヨールがヘディングで決めてアーセナルが先制、こう着状態を破ります。
3分後の前半26分、ジェラードがドリブルで持ち込みクロス、これをカイトが決めて1−1の同点にします。
ただ、この後は試合開始時同様なかなかゴールまで持ち込めず、その手前で抑えるって場面が多くなる。
前半終了間際、アーセナルにセットプレーのチャンスがいくつかありましたが得点には結びつかず、前半は1−1の同点で折り返します。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 05:51| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(10) | 欧州CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

欧州CL ローマ対マンチェスター・ユナイテッド

0−2でマンチェスター・ユナイテッドが勝ちました。

トッティが29日の対カリアリ戦で負傷しこの試合欠場。(代役はブチニッチ)
ペロッタも累積で出場停止と、非常にまずい状態・・・・。
(しかも、トッティの離脱は長引きそうって話も・・・・)
キャプテンマークはパヌッチがつけます。
ジュリ、シシーニョはベンチスタートとなります。

試合開始、最初はお互いの様子を見るような立ち上がり。
トッティの位置に入っているブチニッチ、最初は固かった印象があります(ここ最近スーパーサブ的な活躍が多い)が、徐々に動きが良くなってきます。
前半16分、CKからパヌッチがヘディングシュートを放ちますが、外してしまいノーゴール。
マンUは無理をせずあまり攻めてこないので、ローマがかなり攻め込みます。
前半28分、ブチニッチがシュートを放ちますが、ゴール上へはずしてしまう・・・。
ところが前半30分頃マンUにアクシデントが・・・・・。
ビディッチがブチニッチと空中でマッチアップして着地した時足を痛めてしまい、前半33分オシェイと交代。
前半39分、スコールズのクロスからクリスティアーノ・ロナウドがヘディングで決めてマンU先制。
しかも見えてないところから走りながらのヘディングシート、実況の八塚さんいわく「鷹のような勢いで走ってゴールした」(あってます?)だそうで・・・・。
結局前半は0−1マンUリードで折り返します。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 22:13| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(5) | 欧州CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧州CL シャルケ対バルセロナ

0−1でバルセロナが勝ちました。

先月29日のベティス戦で、きわめてよろしくない負け方をしたバルサ。
しかも、地元マスではベスト8敗退だとライカールト解任と言う噂まで上がる始末・・・・
シャルケもブンデスで3連勝したものの国内の調子は決してよろしくない。
バルサの先発はベティス戦とそんなに変わりないメンバー、違うのはCBがテュラムからガブリエル・ミリートに変わっただけで、後は同じメンバー。
どうなることやら・・・・。

試合開始、両チームとも慎重だったようで静かな立ち上がり。
ただバルサ、ベティス戦みたいに相手にあっさり抜かれるシーンもありちょっと心配・・・・。
前半12分、イニエスタの縦パスからアンリがシュート、これをシャルケGKノイヤーが防ぎますがアンリがクロスを出し、これをボージャンが決めてバルサ先制。
しかもバルサ選手史上最年少(17歳3ヶ月)でのCL初ゴールだそうで・・・・。
これで両チームとも消極的な場面が少なくなり、試合が活発に動くようになる。
前半22分、パンダーのFKは壁に当りますが、ゴールラインを割ってシャルケにコーナーキックのチャンス。
パンダーのCKからクラニイがヘディングシュートを放ちますがビクトール・バルデスがセーブして、失点をまぬがれる。
この後もバルサがボールポセッションが高めですが、得点チャンスはシャルケが多いまま・・・・。
前半は0−1、バルサリードで折り返します。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 05:56| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(12) | 欧州CL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。