2009年12月09日

欧州CL 対チューリッヒ戦(アウェー)

1-1の引き分けでした。

ホームで屈辱的な敗戦・・・、でも今のチームはその時と状況が違うので見ていられるかな・・・。
先発はザンブロッタが累積のため出場停止で右がアバーテで左サイドはアントニーニ、他はセリエのサンプドリア戦と同じメンバー。
そのサンプドリア戦で前半負傷交代したロニーさんは大事に至らず、この試合先発スタメン。
勝てばすっきり勝ち抜けなので、しっかり勝ってもらわないと・・・。

試合開始、序盤はミランが攻め込みます。
前半7分、アントニーニのオーバーラップからのクロスをボリエッロが頭で落としパトがシュートを放ちますが相手GKレオーニに当ってゴールならず・・・・。
前半18分にアクシデント発生、チアゴ・シウバが筋肉系のケガをしてしまう・・・。
前半20分、パトがシュートを放ちますがゴール上へ外れてしまう・・・。
前半21分、チアゴ・シウバに替ってカラーゼが入る。
ここから、ミランの守備が不安定になり相手に攻め込まれるシーンが目立ってくる。
前半29分、ガイッチのFKが決まってチューリッヒに先制されてしまう・・・。
この後も相手に攻め込まれシーンが目立ち、守備に回るシーンが多くなってきてしまう・・・。
結局前半は1-0、チューリッヒリードで折り返します。

後半開始、両チームとも選手交代はなし。
後半5分、ロニーさんのシュートがレオーニに当りそのこぼれ球をボリエッロがバイスクルシュートをしようとしますがゴールならず・・・。
後半10分、アンブロジーニに替わってフラミニが入る。
後半18分、ペナルティエリア内でボリエッロが倒されPK獲得。
(倒したロシャは一発レッドで退場)
これをロニーさんが決めて1-1の引き分けとします。
これでミランが息をふき返し、攻撃が目立つように・・・・。
(数的優位もありますが・・・)
後半23分、ピルロのFKからカラーゼがヘディングシュートを放ちますが外れてしまう・・・。
後半39分、ボリエッロに替ってピッポが入る。
後半47分、ピッポがシュートを放ちますがレオーニに止められゴールならず・・・。
結局このまま1-1の引き分けで試合終了、仲良く勝ち点1を分け合いました。

先制されたときは「またか」と思いましたが、ラッキーなPKに助けられたって感じですね。^^
収穫としてロニーさんのコンディションが上がっていること。
昨シーズンは全く動けなかったのですが今シーズンは随所にいいプレーがあること。
このまま調子を上げていけばバルサ時代のいい動きが再びって感じが・・・・。
ただ心配なのはカラーゼ、途中交代では行った途端守備が不安定に・・・・。
後半同点になって周囲のモチベーションが上がったのが救いですが、前半のようなプレーじゃ・・・(以下略)。
で、グループリーグですがレアルマドリーがマルセイユに勝ったため2位で通過。
これでひと安心。(^。^;

決勝ラウンドの抽選会は12月18日におこなわれます。
posted by tomoko0310 at 09:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ACミラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。