2006年07月10日

イタリア対フランス戦

1−1の引き分けでPK戦5−3でイタリアの勝ち。
今大会の優勝はイタリアとなりました。(^O^)/

前半開始早々、アンリがカンナバーロと激突し脳しんとうを起こしてしまうが、異常はなく無事復帰。
前半6分、マテラッツィがマルダをペナルティエリア内で倒してしまいフランスがPKを獲得。
これをジダンが決めてフランス先制。

う〜ん、マテラッツィ日頃のおこないか・・・・。
まだ前半始まって10分経ってないから1点取ればいいんだ。
なんて楽観的なことを思っていたら、前半19分ピルロのCKからマテラッツィが決めて1−1の同点。
自分のミスを、自らの得点で帳消しにしました。^^
そこからは試合の流れがよくなる互角ですが、ややイタリアが押し気味な状態で進む、前半は1−1の同点で折り返す。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 06:40| 東京 ☔| Comment(18) | TrackBack(63) | 2006 ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

ドイツ対ポルトガル戦

3−1でドイツが勝ちました。

3位決定戦となるこの試合、ドイツはカーンが久しぶりの先発出場、バラックは負傷のため欠場。
ポルトガルはフィーゴが先発から外れる。
ヤングプレーヤー賞を争ったポドルスキとクリスチアーノ・ロナウドが先発出場します。
(ヤングプレーヤー賞はポドルスキ)

試合開始早々はファールが多くちょっとヤな展開になるのかなと思いきや、
時間が経つにつれ徐々に落ち着く。
前半15分、パウレタがシュートを放つが、カーンがしっかりキャッチ。
今日の試合で代表最後の試合と言われているカーン。
今大会初出場で試合勘が心配だったのですが心配無用でしたね。
ドイツもセットプレーのチャンスを多く得ますが得点にはならず。
印象的だったのは前半33分、フリンクスが20メートルの位置からシュートを放つがリカルドが弾き出してノーゴール。
結局前半は0−0で折り返す。
続きを読む
posted by tomoko0310 at 06:16| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(51) | 2006 ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

ポルトガル対フランス戦

1−0でフランスが勝ちました。

ポルトガルは出場停止だったデコ、コスティーニャが復帰。
ベストメンバーでフランスに挑みます。

前半開始、ポルトガルがC・ロナウドやマニシェが惜しいシュートを放つ。
両チームの司令塔ジダンはコスティーニャ、デコはマケレレがマークについています。
ちなみにこの両チーム、サスペンションを抱える選手が多い。
フランスは5人、ポルトガルは6人イエローを貰ったら決勝には出場できない。
ジダンもフィーゴも貰ったら決勝戦や3位決定戦には出られません。
試合はポルトガルがボール支配率が高いまま進みますが、前半31分、カルバーニョがアンリをペナルティエリア内で倒してしまいPKを獲得。
これをジダンが決めて1−0、フランス先制。

失点後ポルトガルが積極的攻めるが、大きな動きがなく前半は1−0フランスリードで折り返す。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 06:25| 東京 🌁| Comment(13) | TrackBack(42) | 2006 ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

ドイツ対イタリア戦

2−0でイタリアが勝ちました。

ネスタこの試合にも間に合わず、この試合はマテラッツィがネスタの代役です。

前半開始、ドイツがホームの利を活かして積極的に攻めますが、ことごとくイタリアのDF陣に阻まれる。
カンナバーロはこの試合も絶好調です。^^
イタリアもピルロがやや自由に動けるため効果的なパスが出てチャンスを作っています。
ただ残念ながらゴールには結びつかず・・・・。
FK&CKもイタリアが蹴る回数が多くセットプレーも期待していましたが、これもなかなか決められず・・・・。
ちょっとモヤっとした感じ・・・。
前半終了間際にドイツにもチャンスがあったが、結局0−0で折り返し。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 07:22| 東京 ☁| Comment(12) | TrackBack(48) | 2006 ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

ブラジル対フランス戦

1−0でフランスが勝ちました。

ブラジルこの試合ロナウドを1TOPにして、ジュニーニョが先発出場。
これはFK時の期待が大きいな、飛び道具炸裂に期待。^^

前半開始、最初はブラジルペースで進む。
開始放送からジュニーニョのFKやCKなどでチャンスを得るが決め手を欠く。
ジダンにボールが繋がるになってからフランスが徐々にペースを握っていく。
いい具合にゴールへ行くがブラジルDF陣が踏ん張ってゴールを割らせない。
フランスがリズムをつかみながら、やや一進一退の状態が続く。
注目のロナウジーニョもボールに触る機会が少ない。
前半終了間際、ビエラがファンに倒されFKのチャンスを得るがこれも決められず、前半は0−0で折り返す。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 06:19| 東京 ☔| Comment(12) | TrackBack(40) | 2006 ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イングランド対ポルトガル戦

0−0、PK戦の結果3−1でポルトガルが勝ちました。

ポルトガルはクリスチアーノ・ロナウドが復帰しましたがデコとコスティーニャが出場停止、かなりの戦力ダウンでこの試合を挑みます。

前半は開始10分位はイングランドペースで進むが、徐々にポルトガルもペースを掴みはじめて一進一退の状態が続く。
ルーニーやC・ロナウド、ランパードに決定的なチャンスがチャンスもありましたが・・・・。
特にケガ上がりのC・ロナウドのドリブル突破が冴え渡る。
決定的なシュートもポルトガルのほうが多い。
イングランド、決定的なシュートがちょっと少ない・・・・。
前半38分にフィーゴのシュート、その後にポルトガルにCKからのチャンス、前半42分にイングランドのFKからのチャンスが生まれるが活かしきれず。
前半は0−0のまま折り返す。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 03:00| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(29) | 2006 ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

イタリア対ウクライナ戦

3−0でイタリアが勝ちました。

イタリアはネスタがケガ、マテラッツィとデ・ロッシは出場停止。
FWはトニの1TOP?ピッポじゃないんだ、サ○ス○のバカ。

前半開始6分ザンブロッタがドリブルで切れ込みそのままシュート、これが決まってイタリア先制。
早々決まって仕掛けたいがウクライナのマークが結構キツイ。
シェバも足の怪我の影響か動きがいまいち・・・。
中盤はイタリアが支配ているが、なかなか追加点が取れない。
これを見たウクライナの監督が動く、前半20分にスヴィデルスキーに替えヴォロベイを入れる。
ただなかなかシュートが打てないし、イタリアもゴールが決まらない。
こう着状態が続く・・・・。
結局前半は1−0イタリアリードで折り返す。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 06:07| 東京 ☔| Comment(8) | TrackBack(28) | 2006 ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ対アルゼンチン戦

1−1、PK戦4−2でドイツが勝ちました。

前半序盤はシュートシーンがあったが、前半20分位からこう着状態となってしまう。
ボール支配率はアルゼンチンが上ですが、ゴール前に持っててもことごどくDFに止められてしまう。
ドイツの数少ないチャンスを生かすがこちらもDFに止められてしまう。
攻め合うというか、相手の長所を消しあう展開。
負けたらおしまいのトーナメント、慎重にならざるえないのかなと思ったり、もっと積極的に攻めればなっと思ったり・・・・。
前半41分、ドイツにFKチャンスがありましたが結局活かせず・・・。
前半は0−0で折り返す。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 02:56| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(39) | 2006 ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

スペイン対フランス戦

3−1でフランスが勝ちました。

スペインは前の試合レギュラークラスを休養させたので、体力、気力は充分。
フランスは前の試合、出場停止だったジダンが復帰しました。

前半、ペースはフランスが握っているがスペインも積極的に攻める。
一進一退の戦いで結構面白い試合。
フランスは攻めているがなかなかゴールにつながらない。
ジダンが効果的なパスを何本か出していますけどね・・・・。
前半23分のジダン→アンリのセンタリングからリベリーとビエラが合わせようとするがゴールならず。
これ結構よかったプレーでした。^^
しかし、前半27分ペナルティエリア内でテュラムがパブロを倒してしまいスペインPKを獲得。
これをビジャが決めてスペイン先制。

ただ、先制点をとってもスペイン波に乗り切れてないような気が・・・・。
幸い、アンリがオフサイドに引っかかりまくりで点が取れていないのが救いですが・・・。
このまま折り返しかなと思った前半41分、ビエラからのパスをリベリーが裏を抜けてドリブルで持ち込みゴール、1−1の同点。
前半は1−1で折り返す。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 07:11| 東京 🌁| Comment(17) | TrackBack(22) | 2006 ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

イタリア対オーストラリア戦

1−0でイタリアが勝ちました。

この試合ネスタが負傷欠場、代役はチェコ戦で活躍したマテラッツィ。
さらにデルピエロが先発出場、トッティがベンチに入ります。

オーストラリアもキューウェルが故障で欠場ぽいしね・・・。

開始序盤はオーストラリアがボールを支配するが、イタリアも徐々に支配しながらゴールを狙う。
オーストラリアも攻め込むが、ブッフォン、カンナバーロの頑張りで防ぐ。
特にカンナバーロは絶好調、相手のチャンスをことごとく潰している。^^
攻撃陣もトニやジラが攻め込むが、なかなか点が入らない。
前半20分にジラ、前半34分トニと惜しいチャンスがあったのに・・・・。
他にも惜しいゴールがありました。
結局前半は0−0で折り返す。続きを読む
posted by tomoko0310 at 07:12| 東京 🌁| Comment(17) | TrackBack(42) | 2006 ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

オランダ対ポルトガル戦

1−0でポルトガルが勝ちました。

オランダは不調のファンニステルローイに変わってカイトが先発。
ポルトガルがメキシコ戦で温存していたデコ、クリスチアーノ・ロナウドが先発。

開始早々ちょっと心配事が、クリスチアーノ・ロナウドがブラールズの足が右太ももに入ってしまう。
ブラールズはイエローカードが出たが、入った位置が位置だけに後々が心配。
開始早々はオランダペースですがゴールがなかなか決まらない。
ポルトガルも攻めているがこちらもなかなか決まらない。
どっちかというと中盤の潰し合いって印象が・・・・。
前半23分、デコのクロスからパウレタが落としてマニシェが決めて、ポルトガル先制。
ところが、このあとポルトガルにアクシデントが・・・・。
前半34分、クリスチアーノ・ロナウドに代わってシモンが入る。
やっぱり、前半早々のケガが影響しての交代、太ももの負傷なので後々に影響でなきゃいいのですが・・・・。

さらに、前半ロスタイムにコスティーニャが2枚目のイエローで退場。
ポルトガルは10人になってしまう。
前半は1−0、ポルトガルリードで折り返す。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 07:43| 東京 🌁| Comment(17) | TrackBack(37) | 2006 ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

アルゼンチン対メキシコ戦

2−1でアルゼンチンが勝ちました。

前半6分、メキシコFKからマルケスが決めてメキシコ先制。
前半開始からメキシコが積極的に攻めている。
アルゼンチンは、守備に追われまくって、なかなか攻撃できない。
そんな中の、前半10分、CKからクレスポが決めて1−1アルゼンチン同点とする。
見た感じではボルヘッティのオウンゴールに見えましたが、公式発表はクレスポのゴールとなりました。
メキシコ、アルヘンの2TOPにマンマークをつけさせ仕事をさせていない。
しかも、積極的にゴール前に攻めてきている。
ただ、リケルメを容易にフリーにさせている甘さも・・・・。
ただリケルメ、この試合調子が・・・なのが救いかも・・・・。
メキシコ前半38分、リケルメのマンマークについていたパルドに変えてトラードを入れる。
負傷交代だそうで・・・。
アルゼンチン、大爆発したグループリーグの状態はどこへやら・・・・、ちょっと心配・・・。
試合は動かず前半は1−1で折り返す。


続きを読む
posted by tomoko0310 at 06:53| 東京 🌁| Comment(10) | TrackBack(31) | 2006 ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

ドイツワールドカップ 15日目

おはようございます。
完全に木曜日無理したツケがきちゃいました・・・。(´・ω・`)
よってグループリーグ残り4試合を軽く振り返ります。

ウクライナ対チュニジアは1−0でウクライナが勝ちました。
得点はシェフチェンコのPKでの1点。
この試合ながらで見ていたのですが、シェバが元気がないのが気がかりですね。
個人的にはもっとゴールを量産してほしいのですが・・・・。

スペイン対サウジアラビアは1−0でスペインが勝ちました。
スペインの先発はほとんど控え組、主力をうまく温存。
2戦目で勝ち抜けが決まっていたので余裕ですね。^^
これでグループHは1位スペイン、2位ウクライナとなりました。

フランス対トーゴは2−0でフランスが勝ちました。
ビエラとアンリがともにゴール、得点力不足って言われていたけどこれでひと安心かな(?)
ただトレゼゲが今大会ノーゴールなのが気にまりますね。
セリエでゴールを量産したがゆえに・・・・。

スイス対韓国は2−0でスイスが勝ちました。
スイスの2点目の際に判定ミスがあったらしいが、4年前のこと、フランス戦のことを考えると正直言ってシッペ返しってことでしょう。
韓国、今までのツケを払わされましたね。(ただアジア枠が減らされるのはちょっと痛いが・・・)
これでグループGは1位スイス、2位フランスとなりました。

今晩から決勝トーナメントが始まります。
まだまだ体力勝負&寝不足の日々が続きますね。
posted by tomoko0310 at 10:41| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(17) | 2006 ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

イタリア対チェコ戦

2−0でイタリアが勝ちました。

先発メンバーを見ているとイタリア、チェコとも1TOP、イタリアはジラルディーノ、チェコはバロッシュ。
吉とでるか凶とでるか・・・・。

試合開始、勝たなければ決勝トーナメント進出が確実ではないチェコが積極的に攻めあがる。
イタリアも必死で守るが、アクシデントが・・・・。
前半17分、ネスタが負傷交代、マテラッツィが入る。
そういえばネスタ2002年の時も負傷交代をしているし、98年はケガで欠場。
つくづくワールドカップに関してはついていない・・・・。(´・ω・`)
大丈夫かなって心配していた前半26分、CKからマテラッツィがヘディングで押し込み先制。
これでイタリアが息を吹き返す。
ガットゥーゾがイエローを貰っちゃうが、私としてみればケガから復帰して元気な証拠だな〜って思いました。
試合はややチェコが押し気味に進むが、前半ロスタイムポラクがトッティを倒してしまいイエローカード、その前にイエローがでていたのでレッドカードで退場。
前半は1−0イタリアリードで折り返す。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 01:17| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(10) | 2006 ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

ドイツワールドカップ 13日目

おはようございます。
今晩あまり寝られないので、昨日も休息モードにしました。
(年なのでそこはお許しを・・・・)

では結果を
ポルトガル対メキシコは2−1でポルトガルが勝ちました。
テレビはつけていたのですが、買ったばっかりのメモリープレーヤー(iPot nano 1GB)に曲をダウンロードしていたので、ながら状態で見ていました。
ポルトガルはデコ、クリチアーノ・ロナウドを温存。
それでも勝ってしまうポルトガル、さすがです。
メキシコはイラン対アンゴラの結果を待つことに・・・・。

そのイラン対アンゴラは1−1の引き分け。
これでグループDは1位ポルトガル、2位メキシコとなりました。

コートジボワール対セルビア・モンテネグロは3−2でコートジボワールが勝ちました。
個人的にはコートジボワールは、この組でなかったら決勝トーナメントへ勝ち上がる実力があったと思いますね。
落ちて残念なチームの1つです。

アルゼンチン対オランダは0−0のスコアレスドロー。
アルゼンチンはメッシとテベスが先発。
この試合テベスの調子がよかったそうですね。
ビデオ録画したので後日ゆっくり見よう思います。
グループCは1位アルゼンチン、2位オランダとなりました。

今日はPM11:00からイタリア対チェコ、翌日AM4:00から日本対ブラジルがあります。
この2試合がんばって見なくっちゃって感じです。^^
その前にPM10:00にMTVのB'z特集(30分番組)もあるので結構ハードかも・・・。
posted by tomoko0310 at 09:41| 東京 ☔| Comment(11) | TrackBack(22) | 2006 ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

イングランド対スウェーデン戦

2−2の引き分けでした。

スウェーデン、この試合イブラヒモビッチがケガのため欠場。
逆にイングランドはルーニーが先発出場。

前半開始早々イングランドにアクシデントが・・・・。
オーウェンが右足を負傷でプレー続行不可、前半4分クラウチと交代。
前半はほぼ互角で試合が進む、イングランドは決勝トーナメント進出が決まっているし、スウェーデンは引き分け以上で決勝トーナメント進出決定。
責めることも重要ですが、失点しないことも重要です。」
前半34分試合が動く、ジョー・コールのループ気味のシュートがゴールキーパーの手をかすめてゴールに入る、イングランドが先制。
このゴールがきっかけとなり、イングランドが攻めあがる。
ルーニーもケガ上がりだけど調子がいい、本当に問題を興さなければいいプレーヤーだと思いますし20歳という年齢、将来が本当に楽しみな選手ですね。
結局前半は1−0でイングランドリードで折り返す。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 07:43| 東京 🌁| Comment(9) | TrackBack(27) | 2006 ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

ドイツワールドカップ 11日目

おはようございます。
昨日は体力温存(と言ってもサッカー以外のことをグチャグチャやっていたので)のため1試合も見ませんでした。
22日が一番ハードですから・・・・。^^

トーゴ対スイスは2−0でスイスの勝ち。
トーゴ、グループリーグ敗退となりました。
ただ、トーゴはいろいろゴタゴタが多かったから選手も集中できなかったのかも、関係者は選手が試合に専念できるような環境が必要かも・・・。

サウジアラビア対ウクライナは4−0でウクライナの勝ち。
ウクライナ圧勝、そしてやっとでたシェバのワールドカップ初ゴール!(^O^)/
これでウクライナは残りました、サウジは逆に厳しくなりました。

スペイン対チュニジアは3−1でスペインの勝ち
前半チュニジアに先制されるが、後半開始と同時にスペインはラウルを投入。
これが上手くいき後半26分ゴールを決める。
その後、フェルナンド・トーレスが2得点(1点はPK)を決めて、気がついたら3−1。
スペイングループリーグ突破が決まりました。

今日はA組2試合、B組2試合ありますが、注目はイングランド対スウェーデン。
これをチェックしようかと思います。
posted by tomoko0310 at 07:53| 東京 ☀| Comment(13) | TrackBack(26) | 2006 ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

イタリア対アメリカ戦

1−1の引き分けでした。

試合開始早々はイタリアペースだけど、徐々にアメリカペースに・・・・。
アメリカ後がないだけに必死で攻めてくる。
イタリア、何とか押さえているが、いつ失点してもおかしくない状態。
しかも、抑えるべきレイナをフリーにさせすぎ・・・・、心配・・・・。
劣勢の中、前半22分ピルロのFKからジラルディーノが決めてイタリア先制。
ジラ、ワールドカップ初ゴールおめでとうございます。(^O^)V
しかし、5分後の前半27分アメリカのFKをクリアしようとしたザッカルドがゴールに入れてしまいオウンゴールを献上してしまい、1−1の同点となってしまう。(T_T)
しかも悪いことは続くもので、同点直後の前半28分デ・ロッシが相手の選手を肘打ちしてしまい一発レッドで退場。
これでイタリアは10人での戦いをしなくてはならなくなってしまう・・・・。orz
リッピも動かざるえない、結局トッティを下げてケガあがりのガットゥーゾを投入。
これがうまく機能してきて、アメリカの攻撃をうまく抑えきる。
ただ、いつ失点してもおかしくない状態が続くが前半45分、ピルロに対する悪質タックルでマストロエーニが一発レッドで退場。
これ両方10人に・・・・、結局このまま1−1の引き分けで折り返す。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 06:22| 東京 ☔| Comment(10) | TrackBack(33) | 2006 ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

オランダ対コートジボワール戦

2-1でオランダが勝ちました。

試合開始早々はオランダがいい感じで動いていたが、10分過ぎになるとコートジボワールがペースを掴んでいく。
惜しいシュートもコートジボワールが多い。
オランダもロッベンのドリブル突破などを図るがなかなかチャンスが生まれない。
前半21分、ドリブル突破を図ろうとしたファンペルシーが倒されFKを獲得、これをファンペルシーが直接入れてオランダ先制。
さらに、前半27分ロッベンのドリブル突破からファンボメル→ロッベンのパス、これをファンニステルローイが決めて2−0。
これでオランダが勢いづいてきてボールが回るようになるが、コートジボワールもくい下がる。
後半38分、バカリー・コネがドリブルで突破しそのままシュート、これが決まり2−1、コートジボワール1点差に詰め寄る。
コートジボワール必死に攻めるが前半は2−1、オランダリードで折り返す。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 16:55| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(8) | 2006 ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルゼンチン対セルビア・モンテネグロ戦

06061709messi1REU01010G060616D.jpg
6-0でアルゼンチンが勝ちました。

試合開始、アルゼンチンが押し気味に試合を進める。
前半6分、サビオラのパスからマキシ・ロドリゲスが決めてアルゼンチンが先制。
セルビア・モンテネグロも攻めるがアルゼンチンDFの堅い守備に阻まれる。
ただアルゼンチンにアクシデントが・・・・・。
前半17分、負傷したルイス・ゴンザレスに代わりカンビアッソが入る。
早い段階の交代が動揺したのか、交代直後にセルビア・モンテネグロに攻め込まれる。
もしかしたらと思った前半31分、サビオラ→カンビアッソ→クレスポのヒールパスからカンビアッソが決めて、2−0。
見てて美しい流れのゴール、さすがです。(^^)/
こうなると完全にアルゼンチンペース。
さらに前半41分、サビオラのシュートのこぼれ球をからマキシ・ロドリゲスがきめて3−0。
前半は3−0、アルゼンチンリードで折り返す。

続きを読む
posted by tomoko0310 at 00:10| 東京 ☁| Comment(16) | TrackBack(26) | 2006 ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。